発達障害

スキルの細分化提案と、それぞれの立場からの見方

fuuuuuuunの日記 - 進歩なしより ほんとは「ここいらで物件探してんですが、いいところありますか。小さい子がいるんですが」かなんか言って、相手の持ってる情報をうんともらわないと。グーグルにのってない生きた情報というのはあるんだろうし。 fuuuuuuun…

障害と仕事とアートと

「アートを仕事にする」社会起業セミナー 障害のある人たちの新しい働き方 行ってきた。すごくよかった。 この半年ぐらい、貯金を切り崩して各種イベントに出てたけれど、この2日のための長い準備だったのかも、と思えた。 発達障害という文脈でレポート。 …

京都でニキリンコさんの講演会

アスペ・ノンラベルより。 ニキ・リンコさんが自閉っ子の生活を語ります「自閉は急に止まれない」アスペルガー障害当事者であるニキ・リンコさんに、自閉っ子の生活のありのままを語っていただきます。自閉症当事者のまわりのご家族や援助者が、自閉症者にと…

発達障害×仕事、サイト開設しました

とりあえず数記事書いた段階ですが、公開することにしました。 http://steel-blue.que.jp/work/ 以前表明して、忙しさでうまく集中できず一旦取り下げましたが、できる範囲で気楽に始めようと思いました。 情報の読みやすさなどは、これから改善していきたい…

発達障害ってなんだろう。

例えば、意味より字面にひっぱられる。 定型の友人と携帯でメールのやりとりをする。文章が短いために、行間をより読まなくてはいけない。よく食べて寝て、調子もいいときはなんとなく読めるような気がする。ちゃんと踏まえて返せるので相手の反応もよく、や…

どうやったら働く準備ができるか

福耳コラム - 障碍者の雇用についてちょっとずつ考えるよ より以下の引用は、↑blogの人が講演で聞いた話をまとめたもの。 これまでの障碍者教育のカリキュラムでは、障碍者自身が「自分がいずれ社会参加して労働してお金を稼ぐ」という可能性について意識さ…

自閉関連本3冊

アスペルガー当事者が語る特別支援教育―スロー・ランナーのすすめ -a rebel against authorityを読んで、こうもりさんの本を読んでみたくなった。 アスペルガー当事者が語る特別支援教育―スロー・ランナーのすすめ高森 明 金子書房 2007-07売り上げランキン…

アスペ・エルデの会の成人サポート事業のワークショップ 募集がはじまりました。

参加費は無料とのことです。現在詳細が決定している会場。 札幌会場 青森会場 長崎会場 昨年を踏まえて、家族、当事者、専門家と時間帯をわけているようです。 午前中のセミナーは、家族と支援者 午後前半のワークショップは、当事者(専門家OK 家族はNG) 午…

発達障害を持つ人が30才くらいまでに身につけておきたいこと

自分の目標や希望を兼ねて。2/3年齢説に基づいて、20才ではなく30才に。 よく眠ることができるよう工夫する 寝つきが悪い、眠りが浅いなど子どもの頃から問題があることが多いけれど、ちゃんと寝るだけでかなり問題が改善すると思う。 枕、寝具、パジャマな…

サングラスは便利

長らくクリップオンサングラスを使って抱けれど、隙間が気になるのと、母から目の健康のために強くサングラスを勧められて思い切って買った。 度付きなので本来の値段はけっこうするけれど、バーゲンでレンズ代は半額。許容範囲なお値段。 世界が暗くてちょ…

働く前の意識の切り替え

これは私の場合だけれど。 「どこかに通って仕事をする」ということに長い間こだわっていた。地域の求人情報もせっせと見ていた。でも、週1、数時間の作業を半年続けて、その後体調を崩した。これはその作業のせい、というよりは、調子の悪い時期に1ヶ月ぐら…

関西に発達障害者作業所ができたらしい

兵庫県初・発達障害者作業所アズイットで知った、work space アズイット 就労に困難を抱える発達障害者等とその支援者たちが、「個々の能力と技能を活かし、自立した社会生活を営むための場を創りたい」との思いを形にした小規模作業所です。 当事者と支援者…

2007年度ワークショップの開催予定情報

成人サポート事業サイトの掲示板で、辻井先生が投稿しておられます。アスペ・エルデの会のサポートネットワークのページ なお、縹は成人サポート事業サイトのシステムのボランティア管理人ですが、アスペ・エルデの会の関係者ではありません。