読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経験から学べない理由

「学習しない」「同じ過ちを繰り返す」って怒られることが多かったです。


では、「経験から学ぶ」というのはどういうことなのか。
起こったことを、記憶と照らし合わせながら再認識や解釈、理解をする、というプロセスなのではないかと思います。


そのためには、起こったことは適切に脳内で処理されている必要があります。
ですが、視覚的や聴覚的な記憶力がなまじあるだけに、ある出来事をシーンで覚えていたり、交わされていた会話そのものを覚えていたりします。
そうすると、起こったことは処理されない生の記憶として残ります。


精神的に弱っている時に、過去の記憶が思い出され、その時にまとめて意味付け、理解をしてショックを受けるという体験を何度もしてきましたが、この、普段からこまめに意味付け、理解ができていない傾向と関係しているように思います。


昔に比べてはるかに記憶力は低下しましたが、意味付けや理解の力は上がってきているのでしょう。たぶん。
そして、二次障害にならずに育てば、記憶力は維持したまま、理解力を上げることができたのじゃないかな、と考えてもしょうがないことを思います。