発達障害

休むこと

今年の年末年始は帰省などをしなかったので、整体に行ってその後数日よく眠ったり、近所を散歩したりで毎日比較的のんびりと過ごした。 そうしたら、止まっていた片付けを再開できたり、放置していたことに着手したり、DVDを観たりできたので、溜まっていた…

ストラテラの効果(と思われること)

もう1年半ほど服薬しているADHDの友人と話をして。私は2ヶ月程度。(友人も私も10代の頃、虐待的な体験をしたためか、解離とフラッシュバックが共通している)私は本が読めるようになったことと、複数の本を読んで考えをまとめて、誰かに話すという一連の流れ…

自分のことを話す

ASDとしての生育歴を話す機会があった。 10代のころは本当にぼろぼろだなということと、疲労が溜まる度にフラッシュバックからの鬱発症が繰り返されて、いろんなことがリセットされてしまっていると思う。このblogが2008年で停止したのもそれで。(今思えば、…

自分から近づくこと

どうしても受け身になりがちで、受け身でいると望まない人も近づいてくるので、 自分からアプローチした方がよい、と思いたち、2人に連絡して会ってきた。 ひとりはほんの少しだけ発達のアンバランスを感じる人で(たぶん診断されるほどではない) もう1人は…

望みの輪郭がはっきりしない

言語化する能力の低さと連動してるのだと思うのだけれど、 自分が何を望んでるのか、よくわからないまま何かをやってしまうことが多い。 年齢が上がってきたことと、ストラテラでメタ認知力が上がったことで、 望みがはっきりしていないから、問題も解決でき…

自分の仕事が進まない

依頼に応えるという形での仕事は確立しつつある。依頼相手がいることが、枠組み作りと〆切作りにつながる。 自分で進めないといけない種類の仕事(重要)に、うまく枠組みを作れないで進められないでいる。しかも問題が複数混ざっているような気がしてきた。 …

パターン認識と言葉で考えてないこと

友人にテンプル・グランディンの比較的新しい本を教えてもらって、 その中に、パターン認識で考えるタイプがいる、ということが書かれていました。他は言葉で考えるタイプとビジュアルで考えるタイプ。 自閉症の脳を読み解く―どのように考え、感じているのか…

分類能力と片付けられなさ

家の中のものをかなり捨てることができ、引き出しの中など一通りチェックしてみた。 「なんでこれとこれが一緒に入ってるんだろう」と思うことばかりだった。 例えば、同じ引き出しの中に、文具と薬が混ざっている。 「重要」としたファイルボックスの中に、…

逆に守られたこと

とある人の自伝的エッセイを読んだら、「かわいさ」「モテ」「女としての価値」みたいな考えや比較軸がとても多くて驚いてしまった。 自分の中に無いわけではないけれど、その人のは過剰すぎてきつい気持ちでいっぱいになってしまった。 でも、よく売れた本…

本当に「人の気持ちがわからない」のか

ASDの人は、人の気持ちがわからない、ってよく言われる訳ですが、 本当にそうなのかな、と考えています。 自分も含め、感情には敏感な人は結構います。相手が怒ってる感じがして怖い、とか。 子どもの頃、教室で先生が誰か別の子に怒っているのが怖い、とか…

理解力が上がること

ストラテラを飲みはじめて、ざっくり1ヶ月ぐらい経過しています。 最近体調もよく、比較的落ち着いた生活をしていることももちろん支えになっているのですが、 ストラテラで少し脳の使い方が変わる感じがあり、理解力が上がりつつあるのでは、と感じてます。…

解離と2つの自分

「発達障害を忘れる」ということ。 - Togetterまとめ このまとめを読んで、ぎょっとしたことを覚えてます。 診断を受けた時期が早かったこと、10代の頃から精神的に不調だったこともあり、ASの自分=アイデンティティになってしまっていました。 このblogの更新…

ストラテラと睡眠とメタ認知力

ストラテラ、試してみたいと医者に伝えたらあっさり出たのですが、 これ以上薬飲んで、頭疲れるのも困るな…という気持ちがあって(コンサータの方のリタリンのイメージが強かった) 飲むことに迷いがありました。 昔SNRI系抗うつ剤飲んだときに、急に部屋を…

最近の変化

1年半ぐらい前に友達になった人から、「最近ADHD+ASと診断された」と打ち明けられたことで、 結局、相性の良い人は発達障害持ちか、グレーゾーンの人が多いなと思ったり、 仕事もそれなりにまとまってはきていますが、どうしてもできないことは、やはり発達…

経験から学べない理由

「学習しない」「同じ過ちを繰り返す」って怒られることが多かったです。 では、「経験から学ぶ」というのはどういうことなのか。 起こったことを、記憶と照らし合わせながら再認識や解釈、理解をする、というプロセスなのではないかと思います。 そのために…

映画「音符と昆布」

音符と昆布経由で知った。音符と昆布 | オンプトコンブ 「モーツアルトとクジラ」は結局観なかったのだけれど、これはぜひ! 池脇千鶴と市川由衣! Storyより。 かりんは火星人と同じくらい、理解不能な女の子だった。 言葉を交わしても、会話が成立しない。滔…

感情の言語化

アスペルガー社会人のBlog : 感情をつかまえること、言語化すること を読んで思い出したこと。 複雑な感情を、その場ですぐ言えと言われて、そこでフリーズしてしまう、という経験があった。 そのまま考え続け、その日はほとんど眠れず、考えて考えて3日後ぐ…

「発達障害×仕事プロジェクト」始動準備中。

昨年から構想しながらもいまいちうまくいっていない「発達障害×仕事プロジェクト」。 最近何をすればいいか、どう進めばいいかの方向性が見えてきた。 昨年末に2ヶ月、企画を立ててプレゼンする(採用された!)という経験を積んだことで、アイデアを実現するた…

第3者のちからと対等であること

就職支援を仕事にする人でもなく、友達でもない、第3者との接触が自信につながるという実感がある。 春からNPOで月1-2回仕事をしている。そこのNPOのスタッフとの対等なお付き合いが、何か私に力を与えてくれているような気がする。 1年前に発達障害支援セン…

成人期の高機能広汎性発達障害者のサポート・ネットワーク作り事業

アスペ・エルデの会 成人期の高機能広汎性発達障害者のサポート・ネットワーク作り事業より 徳島、兵庫、福井、東京の各会場の申込受付を開始しました とのことです。 成人サポート事業サイトの予定も登録しました。

言葉を発した後の振る舞い。

昨日のエントリ後また考えた。 暗に要求している訳ではない。 その後、お2人のコメント見てもなんか納得。bimbomさんのブックマークコメントより 自分の場合は誤解の訂正力の問題もある。その場ではいやそうじゃなくて、が言えない。 めろんぱんさんのコメン…

暗に要求している訳ではない。

昨日のしいたけ話で思い出したこと。 小学校低学年の頃だっただろうか。母方の伯母のところに遊びに行って、市場を一緒に歩いていた。魚屋の前で一言。 「こんな赤いお魚食べたことがない」 …鯛でした。 私にそう言われて、伯母はその魚を買ったらしいがよく…

皆が何かが見えていない

発達障害の専門家は、仕事の現場が見えていない。 就労支援の専門家は、障害の持つポジティブな側面が見えていない。 当事者は、うーん、いろいろ見えていないところと見すぎているところがありそう。

パキシルやめてみた

昨日寝る前に、パキシル5mgを飲まないでみた。 最近生活に支障をきたしていた過眠がぴたりとおさまった。今日はエントリも複数書けた。朝から何通かメールも書けた。 飲み始めたのが11月の末で、そのときは確かに効果があったのだけれど。今はあまり必要ない…

なぜ怒りを誘発するか

これは私が定型側の立場に立てた経験。 父(私より強めのAS)は古代ローマ時代を好む。Amazonのポイントがたまっていたため、芸術新潮の古代ローマ特集を買って送った。美しいが1500円するのでなかなか自分では買いづらいだろうと思ったのだ。 到着したと思わ…

「甘えられる」と怒りは誘発しない(たぶん)

朝から興味深い記事を読んだのでエントリー。 三咲さんの 間接的な非難は定型発達者を傷つける 「しいたけがない」と言った。夫は大層気分を害した。 ああー、こういうシチュエーションはありそう。 「しいたけがない」という言葉には、よそった夫に対する感…

伝わっていないこと

この前話してできてきた言葉のメモ。 診断や、他の当事者の文章に触れることのパワフルな効果。自尊心の回復の過程。 でも診断はゴールではない。新たな苦しさも生まれる。知らなければ疲れないこともある。 安定して仕事をしている人でも、それなりに紆余曲…

片方向の理解

支援側の人にとって、「発達障害」とは「困った人たちの名前」に近いのかもしれないけれど、当事者の中には個性や文化だと思っている人もいる、なんて、知らない人がまだまだ多そうだなと思った。 どうしたら効果的に伝わるんだろう。 あと、「普段発達障害…

ニキリンコさん講演@京都

アスペ・ノンラベル http://www13.ocn.ne.jp/~nonlabel/asupe/event.html より ニキ・リンコさんが、アスペルガー障がい当事者としてのありのままの生活と生きづらさ、どんな支援が欲しいか、などについてぶっちゃけトークしてくれます。日時:2008年2月2日…

パキシル飲みはじめた

天気も悪いし、鬱々感とれずにパキシル再開して1週間ぐらい。去年も今頃だった。10mg1錠。やはり少し落ち着くような気がする。フラットというか。 先週は、突発的に知り合いの紹介で初対面の人のPCトラブルを解決したのがすごく疲れた。流れ的に報酬ナシだっ…

「ぼくには数字が風景に見える」

図書館からリクエスト入荷の連絡をやっともらった。ぼくには数字が風景に見えるD. タメット 古屋 美登里 講談社 2007-06-13売り上げランキング : 1372おすすめ平均 楽しく読めました。共感覚の話を期待して呼んだが、本人の成長の過程が感動的でした人と同じ…

冬季うつ対策にクリップライトを検討中。

BUNTENさんに蛍光灯の方がよいと教えていただいたので、無印良品で調査。 無印良品ネットストア アルミ蛍光灯クリップライトサイズ:Φ4.8×長さ17cm無印良品ネットストア 蛍光灯アルミフレキシブルライト頭部;長さ17cm最大高さ:50cmこの2つ…

電源タイマーを使って目覚ましに

冬季うつの対策にはとにかく光、ということがわかったのだけれど、そういえば、電源タイマーというものがあるのでは?と思って電気屋で探してみた。WH3301BP 24時間くりかえしタイマー松下電工 売り上げランキング : 3867おすすめ平均 目覚まし、節電、防犯対…

発達障害ネットワーク年次大会と、次世代育成と発達障害児者支援の体験博覧会2007

成人事業サポートサイトの辻井先生の書き込みで知りました。日本発達障害ネットワークの第3回年次大会があるそうで。 ○行政解説 「発達障害者支援の現在の取り組みについて」 (13:30-15:00) 行政解説1 厚生労働省、精神・障害保健課 福島 靖正課長 行政解…

冬季うつ病と対策

なんとなく図書館で借りてきた本に、冬季うつ病についての言及と対策が。頭がよくなる照明術 (PHP新書)結城 未来 おすすめ平均 インテリア書としてもオススメできるいますぐにできる賢い照明術無理なく人生を改善できる方法論照明術の入門書ストレスと光Amaz…

約束についてその後。

プロフェッショナル・仕事の流儀、服巻智子先生の回の再放送見た。見ずに書いたエントリはこちら。 なんだか涙が止まらなかった。服巻先生は、今私が通ってるクリニックの主治医に似てるな。ちょっと丸めの顔で笑顔が優しい感じ。 約束と怒られること さて、…

問題解決のスキルを磨く。

目の前に問題があって、「それは解決できるものである」とか、「目標はかなうものである」ということを覚えたのはここ数年のことではないかなと思う。 そもそもそういう発想がなかった。 最初に自分の意思で望む結果を勝ち取った、と思えるのは、7年前の発達…

メンタルヘルスについての考え方の進化

ちょっと興味があって、メンタルヘルスマネジメント検定のテキストを買ってみた。 セルフケアコース、ラインコース、マスターコース、と3種にわかれてて、それぞれ一般社員向け、管理職向け、人事向けとなっている。 メンタルヘルス・マネジメント検定試験公…

他の障害について知る

よく考えたら、発達障害と聴覚障害についてしかあんまり知識がないな…ということで、図書館で「ふしぎだね!シリーズ」を探してみた。 ふしぎだね!?知的障害のおともだち (発達と障害を考える本)吉見 礼司 くどう のぞみ 原 仁 おすすめ平均 とても伝わりやす…

約束をやぶることと、その対応

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 - fuuuuuuunの日記 先生は「電話しなかった」と紙に書くと、破り始めた。「このことはもう言いません」「終わりました」彼は謝罪も無く、あっけなく出て行った。 これすごい。約束は守られなかったけれど、守られなかった…

「アスペルガー当事者が語る特別支援教育―スロー・ランナーのすすめ」

先日、「図書館で借りる」と言っていたこうもりさんの本、とっくに借りて読んだのだけれど、レビューを忘れてた。 まず、おもしろいのは3人との対談。 こうもりさん(のお母さま)にLDを指摘した先生、内山登紀夫先生、障害学で名前をよく見る倉本智明さん。1…

障害と「甘えてる」という言葉について。

「障害がある」ということについて。 にトラックバックいただいた。 障害がどうの - S嬢 はてな 軽度とか中度とか重度とか最重度とか、本当はそういうことじゃなくて、どこに困難があるかってことなんじゃないかと思うんだけど。そしてその困難があることに…

コミュニケーションにおいて「障害は文化」かもしれない。

先日行った場所で、職員さんと話をしていると、近づいてきた人がいた。障害名はわからないけれど、車椅子に乗っていて、50音の文字ボードが見えた。職員さんが話を振ってくれたので、私もその時持ってきていたものについて説明したのだけれど、時間がなかっ…

「障害がある」ということについて。

なんでかわからないけれど、重度の障害がある人と関わっている人に、「障害がある」って言えなくなった。 かなり相手を選ぶようになった。 口には出されないけれど、「そのぐらいで障害って言うの?」という空気をなんとなく感じる時がある。 じゃあ逆に、そ…

図書館のススメ

発達障害×仕事 » 図書館に行こう! をアップしました。

脳のピークタイムを前に持ってくる

とにかく寝つきが悪い。寝起きも悪い。起きてもぼんやりしている。 でも、この前午前中に体を動かしたことによって、これはいけるのかも。と思った。 特に用事がない日、家ですることや仕事を一通りして、さて外出、と思ったらだいたい4時ぐらいになっている…

ニキリンコさんの講演に行った

アスペ・ノンラベル主催の、ニキリンコさん講演会に行ってきた。 実は直前までキャンセルしようかと思っていたのだけれど、行くことに。結果的には行ってよかった。 彼女は日本におけるパイオニアで、私が自分の言葉を獲得するのに、大きな影響を与えたと思…

本の紹介

発達障害×仕事 » 「働く理由」は考えるために必読。 http://steel-blue.que.jp/work/archives/24をアップしました。

ボランティアの効用

発達障害×仕事 » ボランタリーな仕事の効用 記事をアップしました。

世の中に興味を持つ

子どもの頃から今まで、自分の好きなジャンルへの情報収集しか時間もお金も費やしてこなかったけれど、この1年ぐらいでずいぶん変わってきた。 今年の始め頃よく読んでいたのはビジネス書の中でも自己啓発系が多く、方法論に関心があった。でも、方法論は自…